FC2ブログ
Read more

国産うなぎの蒲焼きなどが優待のヨンキュウ

養殖した鮮魚の販売事業、及び、餌料・飼料の販売事業の両事業で売り上げの99%を占める。海産養殖のプロといったところ。扱う魚は、ブリ、真鯛、カンパチ、ヒラマサ、シマアジ、クロマグロ、うなぎ。資産株に仕分けたポイント・限られた水産資源を守るために、過剰漁獲による水産資源の枯渇が国際的な問題となっている。・世界的な人口増加に伴う食糧問題。海産養殖では日本がたぶん10年単位レベルでリードしている。・新しい...

Read more

年2回のカタログギフトが株主優待の日本管財

独立系の総合ビル管理会社。官公庁や一般テナントビルなどの清掃・設備管理業務から、警備業務、下水道処理施設などの設備運転管理など、多岐にわたるサービスを展開。ざっくり、日本管財を資産株に仕分けた4つの理由。①ストックビジネスである。建物管理運営事業については、都⼼部の⼤規模ビルの建て替えが2020年まで持続的に続き、業界の市場規模は約3.8兆円と過去最⾼となっており、新規契約が期待できる。②周辺事業として力...

Read more

たこ焼きだけじゃない築地銀だこのホットランド

築地銀だこ以外に、薄皮たい焼 銀のあん、天ぷら専門店 日本橋からり、La Quiche、QuicheYoroizuka、コールド・ストーン・クリーマリー、コーヒービーン&ティーリーフと、手広く事業展開中。広く浅くでどれも中途半端になりかねないという危惧もあるが、銀だこのような、小スペース低コスト出店のメリットは、フットワークの軽さにある。利益が出なければ即退店できるし、すぐに新しい事業にも挑戦可能。外食の魅力は、いきなり...

Read more

株主優待が充実しているイデアインターナショナル

RIZAPグループの子会社で、インテリア雑貨や化粧品などを企画、開発、販売。2013年に健康コーポレーション(現RIZAPグループ)傘下に入ったことにより販路が拡大、業績も改善し黒転後も3期連続黒字中。来季も増収増益予想。前の期より復配。RIZAPグループの積極的なM&A戦略はイデアインターナショナルにとって追い風。株価:1014円PER:48.3PBR:16.06ROE:39.05配当利回り:0.29%株主優待:イデアインターナ...

Read more

M&Aに積極的、通販会社のスクロール8005

衣料品、生活雑貨中心の通販会社インターネットやカタログを通じて、女性向けの衣料品から生活雑貨、服飾雑貨、化粧品、健康器具など、多彩な商品を取り扱っている。アパレルの「Brillage(ブリアージュ)」、「Rapty(ラプティ)」などのほか、化粧品関連の「コスメランド」、雑貨の「生活雑貨」、プライベートブランド化粧品や健康食品のなど、多数のサイトを開設する。個人向けのほかには、日本生活協同組合連合会と共同で商品...

Read more

インターネットで金融をもっとオープンに!GMOクリックホールディングス7177

GMOインターネットの金融持株会社。FXの年間取引高は4円連続で世界一!世の中は金融緩和と金融革命!その流れに乗ってほしい。私たちGMOクリックホールディングスグループは、“インターネット”によって、すべての人にとっての金融サービスを、もっと安くて使いやすく、オープンにしていくことを目指しています。また、その実現には、情熱と自由な発想で新しいサービスを企画し、カタチにできる能力をもった、多様なバックグ...

Read more

仕分け終了

保有株の仕分けはこれにておしまい。売らない資産株は、ぼんやりとイメージしていた頃に比べたらずいぶんと少なくなった。そもそも売らないっていう前提にちょっと無理があった。また、仕分けした銘柄を見ていると、訳あり物件の寄せあつめみたいな感じがとってもする。資産株としてもっとふさわしそうな銘柄もあるのだが、押し目待ちに押し目なしで買えていない。今年の一次チャイナショックのときでさえ狙ってるのは買えなかった...

Read more

ファナックの経営姿勢から今後の日本経済を予測する

ファナックといえば、ロボット。本社が山奥にある風変わりな会社。黄色い集団。日経平均への寄与度が2位で日本を代表する超優良銘柄。有利子負債はゼロで利益剰余金を1,215,757百万円も溜め込んでいる。そのファナックが今年の四月、今後五年の配当性向を60%、自社株買いを含めると最大80%を株主に還元することを決めた。また、二月には300億円にて壬生工場を建設、設備投資も再開している。二十数年に及ぶデフレ下で徹底的に金...

Read more

低侵襲治療に特化しているウイン・パートナーズ3183

心臓に関する低侵襲治療の国内販売はNo1低侵襲治療とは熱・出血・苦痛などの身体的負担(侵襲)を、できるだけ少なくした治療法。分りやすく言えば「切らない治療法」。 身体への負担軽減によって、治療期間の短縮、医療費の抑制等が期待できる。ウイン・パートナーズのHPから引用心臓治療および低侵襲治療の中心患者は高齢者であり、今後、日本の高齢者増加はウイン・パートナーズにとって更なる追い風となる。国が2年に1度、公...

Read more

空気調和機、国内トップメーカーの新晃工業6458

特化しているからってのもあるんだろうけど、時価総額300億ちょっとでダイキンより上って凄いw工事実績も申し分なし。業績も好調。また、アジアを中心に新興国の成長に照準を合わせたグローバル展開を図っており、15年3月期のアジア地域での売り上げ比率は、まだ22.2%で営業利益の比率は10.5%。現状は中国が中心となっているそうだが、今後は長きに渡り成長を遂げるASEAN諸国の潜在力が大きく売り上げに寄与することもあるので...